子ども用スポーツメガネ

スポーツに真剣に取り組むお子様の味方。安全性と快適性を追求した「Rec Specs」

「レックスペックス」は、サッカーやバスケットボールなどに取り組むお子様の目を保護するために作られたスポーツ用ゴーグルです。激しい運動にもずれない工夫や、衝撃を和らげる素材の使用、広い視界や顔にフィットするフォルムなど、安全にスポーツを楽しむために欠かせない機能を備えています。球技はもちろん、ウィンタースポーツにも最適です。

フレームタイプ

MORPHS(テンプル付き)

【サイズ】 51 【カラー】 VINE、FLOW、COLL、LIGT、SKUL、BULL、SWRD、SHAT、RACE、HART、DAYD
【価格】 フレーム:¥15,000(税抜)、レンズ:¥8,000〜(税抜)
[オプション]エクストラ・パッド(¥1,000・税抜)、チェンジャブル・キット(¥3,000・税抜)

フレームタイプの「MORPHS」は10バージョンをラインナップしています。ピンクベースの女の子向けとスポーティーで個性的な男の子向けをご用意。ソフトケースとスチール缶が付属、別売りの「チェンジャブル・キット」でゴーグルタイプにも変更できます。

ご使用の目安

タイプ
テンプル
度付き
サッカー
バスケット
テニス
子ども用
大人用
×

[オプション]チェンジャブル・キット
【キット】 専用大型ケース・ドライバー・サイドパーツ1組・ヘッドバンド
【対応モデル】 MX-20B・MORPHS(フレームタイプ)
【価格】 ¥3,000(税抜)
フレームタイプの「MX-20B」「MORPHS」をゴーグルに変更することのできるキットです。サッカーやフットサルなどの動きの激しいスポーツにおすすめ。付属ドライバーで、テンプルをバンドに交換ができます。
専用ケースに、付属品キットとフレームを収納可能。
フレームタイプをゴーグルに変更可能。

ゴーグルタイプ

メタリックブルー(上)メタリックレッド(下) ジャパンブルー マットブラック(上)マットネイビー(下) メタリックブルー メタリックレッド

JPN61(ゴーグルタイプ)

【サイズ】 53 【カラー】 マットネイビー・マットブラック・ジャパンブルー・パールブラック・メタリックブルー・メタリックレッド
【価格】 フレーム:¥15,000(税抜)、レンズ:¥8,000〜(税抜)


・ゴーグルタイプは、サッカーなどのスポーツにおすすめです。
・内側の鼻当ての部分や、こめかみ部分にもケガを防止するラバーがあるので安心です。
・定番のゴーグルタイプの新作「レックスベックス」。鼻元のラバーなども新設計、各パーツの耐久性も向上した日本製。
サイズは53で、小学生高学年以上向けの本格的なスポーツゴーグルです。

ご使用の目安

タイプ
テンプル
度付き
サッカー
バスケット
テニス
子ども用
大人用
×

MX-31(ゴーグルタイプ)

サッカーやフットサルにおすすめ!

【サイズ】 53 【カラー】 ネイビー・レッド・ブラック・シルバー
【価格】 フレーム:¥15,000(税抜)、レンズ:¥8,000〜(税抜)
[オプション]エクストラ・パッド(¥1,000・税抜)


MX-31はサイズが大きめに作ってありますので、大人にも対応しています。スカッシュやテニス、マリンスポーツなど、幅広いスポーツシーンで活躍いたします。

ご使用の目安

タイプ
ゴーグル
度付き
サッカー
バスケット
テニス
子ども用
大人用

[オプション]エクストラ・パッド、くもり止め
汗をかきやすい暖かな季節は、レンズがくもりやすくなります。かけ心地を向上したり、くもりを防止するために、オプションとして「エクストラ・パッド」と「くもり止め」をご用意いたしております。イワキメガネ取扱各店にて、お求めくださいませ。
エクストラ・パッド
MXシリーズには、エクストラ・パッドをご用意いたしました。お鼻にしっかりフィットし、レンズの曇り防止にも効果的です。
【対応モデル】 MX-20・MX-21・MX-30
【価格】 ¥1,000(税抜)
くもり止め
レンズ面にこのゲル状のくもり止めを米粒大に塗り、指先で軽く伸ばしてから、ティッシュや柔らかい布で拭いてください。
【容量】 5グラム・約30〜50回使用できます。
【価格】 ¥600(税抜)

ご注意事項

※下記、29店舗にてお取り扱いしておりますので、詳しくは取り扱い店舗までお気軽にご相談ください。











サッカー競技におけるガイドライン

※日本サッカー協会の競技規則(Laws of the Game)によりますと、第4条「競技者の用具」にて、「スポーツメガネが着用者のみならず他の競技者に安全になったことに鑑みると、主審は特に若い競技者が使用することに対して寛容になるべきである」と記載されています。

※日本サッカー協会発行「Technical news Vol.33」にて、「小学生年代の8人制サッカールールの考え方」としては、まだコンタクトレンズの着用が出来ない選手についてはスポーツメガネなどで安全であると判断できるものについて積極的に使用を認める。競技者の用具項目で、眼鏡については、主審が安全であると判断したものは、着用出来るとされています。(JFA審判委員会・2009年8月)

※サッカー競技など公式戦では、審判員と大会本部が着用の可否を最終的に判断します。スポーツ用ゴーグルの使用につきまして、所属チームの監督・コーチを通じて、各関連機関に確認することをおすすめいたします。