Hearing aid 補聴器

「聞こえる」楽しさ、実感。試聴もお気軽に。

普段なかなか気づかない、「聞こえ」の変化。
テレビの音が大きい、呼びかけてもすぐに気づかないなど「聞こえにくさ」は知らず知らずのうちに進行しています。
少しでも不安を感じたら、お気軽にご相談ください。

聴力測定・試聴は無料でお試しいただけます。
あなたの大切な方とご来店ください。

聞こえの度合い、目立ちにくさでチェックどんな種類があるの?

小さなIC(集積回路)を内蔵した最新のデジタル補聴器は、集めた音のボリュームや音質などを調整し、お一人おひとりに最適な「聞こえ」を実現できます。
「耳かけ型」や「耳あな型」といった基本の機種、お手軽な「ポケット型」など種類も豊富。
もちろん、従来型のリーズナブルなアナログタイプもあるので様々な種類から選べる点も魅力です。

聞こえの度合い、目立ちにくさでチェックどんな種類があるの?
ポケット型 詳しく見る
耳かけ型 詳しく見る
耳あな型 詳しく見る
集音器 詳しく見る

※ 補聴器は非課税です。集音器は税抜き金額を記載しております。

聞こえのこと、補聴器のこと、気になることはイワキで解消!よくあるご質問

年齢を重ねるとともに、聴力が低下することはありますか?
聴力も視力と同じように、年齢を重ねるとともに低下していきます。
これはたいがいの人にあてはまる生理的なもので、老人性難聴と呼ばれています。
加齢とともに聴力が低下すること自体は自然な現象ですが、日常生活に不便を感じる
場合には、ぜひとも補聴器をお使いになることをおすすめしています。
補聴器の操作は難しくないですか?
操作が苦手な方には、ボリューム操作などがいらない全自動タイプのデジタル補聴器もあります。デジタルになって補聴器がたいへん使いやすくなりました。電池の交換と朝・夜の取り外し以外はご自分での調整は一切ありません。生活のあらゆるシーンでもっとも自然に聞こえるように自動調整してくれるので、安心して使えます。
相談や購入時、家族や友人が一緒の方が良いのでしょうか?
もちろん、お一人でご来店されましてもご心配はございません。ご家族やお友達とお越しいただきますと、ご本人の生活環境や、聴こえのご不自由さなどを客観的にお話いただける上に、いつも聴いていただいているご家族やお友達の声が試聴で聴こえやすくなったかなど判断しやすくなります。
片耳につけるのと両耳につけるのとではどのように違うのですか?
補聴器を左右の耳につけることを「両耳装用」といいます。どの方向から音が聞こえるのか分かりやすくなり、騒音の中でも会話音の聞き取りが良くなります。小さい音の聞こえ方が良くなり、大きな音を出さなくていいので聞き疲れしないなど、片耳だけの装用に比べさまざまなメリットがあります。
デジタル補聴器は高いと聞きましたが?
デジタル補聴器にはさまざまな価格の製品があります。最先端のデジタル技術を駆使して、多彩な機能を盛り込んだ上級モデルから、最近ではアナログ補聴器に匹敵するリーズナブルな価格帯のデジタル補聴器もイワキでは用意しています。店頭でじっくり聞き比べて、使う場所や機能を照らし合わせて、満足度の高いものを是非ともお選びください。
補聴器をつけると、こもったりするのがとても気になるのですが?
低音域に聴力が残っている人が補聴器を装用すると、自声がこもり不快に感じます。そのため補聴器が必要であるにもかかわらず、装用をためらうケースが多いのが現状です。こもり感を解消するには、補聴器もしくは耳せんに大きなベント(通気孔)を設け、音の抜けを良くする必要があります。この大きな音抜けができる補聴器を合わせることをオープンフィッティングといいます。自分の声がこもらず原音に近い自然な聞こえを実現でき不快感を減らすことができます。

スペシャルコンテンツはじめての補聴器体験記

補聴器の心配ごとは試して解消

補聴器は初めてというお客様にその魅力を体験していただきました。様々な機種の特徴や選び方のポイントとともにご紹介します。

はじめての補聴器体験記

「聞こえ」の無料相談会実施中

「聴力測定・無料試聴」をお試しいただけます。

「補聴器に興味はあるけれど、まだ早いかな?」
「使ってみたいが、いろいろ不安」
「どう選べばいいかわからない」
そんな疑問や不安を解消していただくため に、イワキでは「聴力測定・補聴器の試聴」を無料で開催しております。

聴力測定や補聴器の試聴など、お一人おひとりの「聞こえ」の現状を確認しながら、補聴器を知り尽くしたスタッフがじっくりとご相談を承ります。

「聞こえ」の無料相談会実施中
聴力測定・試聴無料お試しクーポン

ご予約は補聴器取扱店舗、全店にて承っております。
電話またはメールでご予約の上ご来店いただきますようお願いします。