1. イワキメガネ トップページ
  2. イワキにおまかせ
  3. あなたの知らない「マルチなレンズ」の世界

あなたの知らない「マルチなレンズ」の世界

年齢を重ねると誰しもが感じる目の悩み。「少し手元が見づらいかも…」と感じ始めても、
いざメガネ屋さんでその微妙な感覚の変化を解決できるのか不安や抵抗感があるものと思います。でもご安心ください。
現代のライフスタイルに合わせて、レンズの種類とその機能は驚くほど広がっています。
今の見え方に違和感がある、目が疲れやすいなどのお悩みを抱えている方はイワキメガネにお任せ下さい!

老眼の救世主!?自然に若々しくなれる遠近両用

  • 一昔前の遠近両用は、遠くから近くまでをカバーするために複数の度数を入れた「二重焦点レンズ」が一般的でした。
    上部と下部で境目のあるこのレンズは、お年寄りが掛けるものというイメージがあり、また縁が大きいため選べるフレームやデザインにも制約がありました。

    しかし、現在は「累進多焦点レンズ」が主流に。
    上部から遠距離、中間距離、近距離と段階的に度数を変化させるこのレンズは境目がなく、普通のメガネレンズと変わらない自然な見た目になりました。ネックであった縁の大きさも大幅に軽減。
    多様なフレームの中から好みのデザインを選ぶことが可能になりました。

    また遠近両用をかければ、日常のちょっとした行動にも影響が。
    例えば、手元が見えにくい場合にやりがちなメガネを鼻先にずらしてみたり、目一杯腕を伸ばしてみたりといった仕草。
    これらはどうしても老眼を彷彿とさせ、老け込んだ印象を与えてしまいますよね。

    しかし、遠近両用を掛けていれば、視線を移動させるだけで、スマートに手元を見ることができます。現代における遠近両用とは、年齢を感じさせず自然な若々しさを演出するアイテムへと進化したと言えるでしょう。 遠近両用はシーンによって掛け替える必要がないことも大きなメリット。遠くの標識や近くの計器類までを見る車の運転などでは、その利便性を強く実感できますよ。

  • 「遠近両用レンズ」は手元の視界は狭くなりますが、遠方まで見ることができます!

掛けるだけでパフォーマンスアップ!?仕事が捗る中近(室内用)レンズ

  • 「中近レンズ」は室内での広い視野を確保、仕事やプライベートでも活躍します!

  • 中間距離が見えやすくなるレンズです。
    中間距離とは、60cm~2m程度の距離を指します。
    デスクでパソコンを操作しているときの目とモニターの距離と考えるとわかりやすいでしょう。

    モニターに映る文字がはっきり読めると仕事の効率も上がりますが、逆に見えにくい状態が続くと目を酷使してしまい、肩こりや頭痛の原因にもなります。当然、仕事のパフォーマンスは低下することでしょう。「最近、なんだか肩や目が疲れやすいな」といった悩みがあれば、一度検査をして、このレンズを検討してみると良いかもしれません。

    もちろんオフィスだけではなく、家庭でも活躍。
    テレビなど室内のちょっとした距離感による見えづらさを解消してくれます。
    ただし、遠くを見る場合にはあまり向いていないため、運転や不慣れな場所に出掛けるときには遠近両用と併用すると良いでしょう。

    デスクワークや会議の多いビジネスマンにおすすめです。
    特に50代で近くのものに見えづらさを感じ始めている方は、仕事用として一本持ってみてはいかがでしょうか?常日頃感じていたストレスが緩和され、仕事のパフォーマンスがぐんとアップすること間違いありません。

スマホユーザーの強い味方!目を楽にしてくれるアシストレンズ

  • 遠近・中近と比べるとあまり耳馴染みのないアシストレンズ。
    このレンズは、主に目のピント調節機能をサポートしてくれます。

    人間の目は元来、近くにピントを合わせることがあまり得意ではありません。
    これは、狩猟時代に遠くの獲物へとピントを合わせる必要があったためです。
    近くのものを見る時は、目の筋肉を緊張させてピントを合わせますが、これが長時間続くと目の疲れにつながり、肩こりや頭痛の原因にもなります。
    アシストレンズはそうしたピントの調節を助け、
    目の疲れを軽減してくれるのです。

    構造自体は遠近両用と似ていますが、レンズ内で設定されている度数の段階に大きな違いが。遠近両用は幅広い距離をカバーするために弱めで6段階、強めだと12段階ほど設定されており、初めての利用には少し慣れが必要となります。それに比べ、アシストレンズの度数は2段階程度。近くを見る際のピントアシストに特化しているため、初めての人にも優しく慣れやすいレンズとなっています。

    最近メディアでも多く取り上げられるようになった「スマホ老眼」。
    20代から30代といった、老眼なんて縁遠いと感じている方へも、スマホ特有の近過ぎる距離感が、予期せず目の負担を増やしてしまっています。アシストレンズは負担の軽減にも効果的です。
    SNS社会を生きる若者は持っておくべき一本と言えるでしょう。

  • 「アシストレンズ」は30・40代の方にもおすすめ、イワキにぜひともご相談ください!

諦めないで!今の自分に合ったベストを見つけよう

  • 「足元の感覚が慣れない」、「酔ったような気持ち悪さが続く」といった理由から、遠近両用メガネを作ってはみたものの諦めてしまった方もいるのではないでしょうか。遠近両用は度数の組合せ・レンズの選定・お顔へのアジャストで心地良さが全く変わってしまいます。
    つまり名前は同じ「遠近両用メガネ」でも、ご自身にフィットするセッティングになっているかどうかで使える・使えないが変化してしまうのです。
    同じ身につける靴や洋服ではそこまでは変化しませんので、それだけ目は繊細という事ですね。

    また、作った後は定期的にメンテナンスも行いましょう。フレームの形を調整するだけでも見え方は大きく変わってきます。
    見えないと思って一度は諦めていたメガネも、今の自分に合わせて調整すればもう一度使えるようになるかもしれませんよ。