メガネ日和

イワキのスタッフがリレー形式で、今注目のメガネや、プライベートで使用している お気に入りのメガネについて、独自のこだわりをもってご紹介させていただくコーナーです。 スペシャルレポートでは、アイウェアに関する最新情報もお届けします。

  • スタッフレポート インデックス

メガネ日和第23回は、町田店の古川がお届けします。陽射しがあたたかくなる春は、お出かけにぴったりのシーズン。街でパッと目を惹くメガネや旅先でも活躍する便利なレンズをご紹介します。

春はメガネで、ちょっと遊んでみませんか?

春のお出かけがもっと楽しくなるアイテムをご紹介します。

景色が美しい春は気持ちがはずんで、なんだか無性に出かけたくなりませんか? 私も早く、趣味の自転車や銭湯めぐりをめいっぱい楽しみたいですね。

またこの季節は、ダークなコートスタイルから、軽やかで明るめの装いにチェンジ。メガネも思い切って、普段はもちろん外出先でも映える個性的なタイプにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。今回は私が実際に愛用しているメガネの中から、お出かけ先で注目を集めること間違いなしの個性派メガネや、春の旅行・行楽が一層楽しめるお役立ちレンズをご紹介します。

人とは違うデザインで、冒険してほしいんです。

フレームの模様や形状が、表情に雰囲気をプラス。

お出かけ先で注目を集めるメガネとしてまずご紹介したいのは、フランス発の「ラフォン」。いま私がかけているのもこのブランドで、フレームの模様や形状の美しさが特徴的です。お客さまにはメガネを「やむなくかけるもの」ではなく、「楽しむもの」として使っていただきたいので、こういった人と違う雰囲気が出せるデザインをおすすめすることが多いです。

女性向けとしてはレースの模様が入ったクリア素材のものや京都の枯山水模様が入ったものなど、少し特別感のあるデザインもあります。個性的なデザインながらフランスのブランドらしい繊細さもあるので、お顔になじみやすいメガネだと思いますね。

鮮やかな色が、お顔の明るいアクセントに!

もう一つご紹介したいのが「エトニア・バルセロナ」。スペイン発のブランドで、日本のメガネにはない独特の色使いが魅力です。こちらも、これまで無難なメガネで過ごしてきた方へ、ちょっとした冒険用としておすすめしています。

赤のようなはっきりしたカラーをはじめ、正面から見た印象と斜めから見た印象がガラリと変わるデザインもあり、どれも個性的なイメージを演出してくれます。私もこのメガネをかけて街を歩いていると、「そのメガネどこで買ったんですか?」と声をかけられることがあるんです。きっとご自分のメガネ姿に自信が持てるようになりますよ。

カラー付きレンズで目もとの印象を変えてみませんか?

個性を出せるのは、フレームだけではないんです。いつものレンズをカラー付きレンズに変えるだけで、深みのある目もとや爽やかな目もとを演出できます。男性のお客さまには抵抗があるようなのですが、そうした方々にも着用イメージを想像していただきたくて、私は仕事用メガネをすべてカラー付きで揃えているんです。自らがモデルとなることで、多くの方にカラー付きレンズの魅力を知っていただけたらと思っています。

調光レンズは普段使いから、旅行やアウトドアでも大活躍。

紫外線の強い屋外では色が濃くなり、室内ではクリアレンズに変化。

旅行や外出する機会が増えるこれからの季節には、ぜひ調光レンズを選んでほしいですね。そもそも、眼は光の変化に応じて、見開いたり、細めたりして、常に調光を行っています。何でもないような動きに思われますが、一日中この動きを繰り返していたら、眼が疲れてストレスの原因にもなりかねません。この調光レンズなら、眼を緊張させることなく、快適なメガネライフが送れます。

私自身も陽射しが強い日にのんびり散策するときなど、この調光レンズを愛用しています。紫外線の量に合わせてレンズの濃度が自然に変化するので、室内ではメガネ、屋外ではサングラスとして、趣味の自転車で遠出するのに活躍します。普段使いはもちろん、アウトドアが趣味の方には、かなり使えるアイテムだと思いますよ。

紫外線を当てると、色が変化する調光レンズ

個性的なものに、つい惹かれてしまいます。

いっしょに旅してきた、私の相棒をご紹介します。

7、8年ほど前から、趣味で自転車を楽しむようになりました。よく乗っているのは、背もたれ付きで空を仰ぐように走れるセミ・リカンベントと、列車にも持ち込める折りたたみタイプの2台。どちらも面白い形ですよね。

乗っているとたくさんの人が振り返りますし、追い越して行く車からも声援を送られます。私は人と違う個性的なものが好きなので、どうしてもこういう変わり種を選ばずにはいられないんですよね。

自転車に乗るときにかけているのは、スポーツ選手にも愛用者が多い「オークリー」のサングラス。他のメーカーにはないフォルムがお気に入りです。これをかけながら走るせいか、時々プロのアスリートと間違われるんです。

私のプライベートコレクションからもうひとつ紹介したいのが、「スタファン・プロイツ・デザイン」です。フロントにはわずか1グラムのNXTという素材を使用していて、とても軽いのでメガネをかけていることを忘れてしまうほど。一見華奢に見えるフレームですが、実は衝撃に強く、発色性にも優れています。透明感のあるカラーリングや機能的な美しいデザインが、独特な存在感を醸し出してくれます。

ヴィジョントレーニングの魅力を、さらにお伝えしていけたら。

イワキメガネには現在、「ヴィジョントレーナー」という特別スキルを持った社員が3名います。ヴィジョントレーニングとは、視力だけではわからない部分の目の動きやピントの合わせ方を鍛え、さらに目と身体のバランス機能を高めるもの。実は私もそのトレーナーの一人として、小・中学生を中心に毎月15名ほどのトレーニングを行っています。

町田店でも、距離感がつかめずボール遊びを怖がっていたお子様が積極的にボールを追いかけるようになったという例が出ています。日本では少し遅れをとっている分野で、私自身もまだトレーニングは勉強中の身。これからもスキルアップを重ねて、ヴィジョントレーニングがさらに普及していくきっかけになれたらと思っています。

ボード上に点滅するボタンを手で押していくなど、ゲーム性の高いトレーニングマシン

NEXT メガネ日和

次回は、営業推進部の今井さんです。「レンズ王」の称号を持ち、とりわけレンズの知識は社内トップクラス。いつも相談にのっていただいている先輩です。これまでの店舗スタッフとは視点の異なるお話が聴けそうです。

スタッフレポートバックナンバー スペシャルレポートバックナンバー